トップ > 他HOメーカー > その他HOメーカー > Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット
HOゲージ > 車輌 > 電車(私鉄・ほか) > Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット

Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット
Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット
拡大画像



ゲージ 1:80/16.5mm
仕様 真鍮製未塗装キット

Rail Classic 広浜鉄道モハニ92キット

新しい金属製キットメーカー、Rail Classic(レイルクラシック)の商品です。

広浜(こうひん)鉄道とは現在のJR可部線の前身で、後に国鉄(当時は鉄道省)に買収された鉄道会社です。同社のモハニ92は1928(昭和3)年、藤永田造船所製、半鋼製の12m級ポールカー。計2輌が製造され、当初の番号は101・102でした。1936(昭和11)年の鉄道省買収後にモハニ92形と改称、さらにその後荷物室撤去でモハ90形に編入されましたが、1945(昭和20)年の広島原爆投下によって焼失してしまったとされています。兄弟形式のモハ90形は一部が熊本電鉄に譲渡され、今でもその中のモハ71は現存しています。

本キットはカプラーを除き、台車・動力装置まで含むセミトータルキット。登場時のオヘソライト、ポールカー時代を再現したものとなります。前面・側面・屋根板がそれぞれ別体で、屋根板はプレス曲げでオデコ部分も一体。屋上のキャンバス押さえはユーザーが位置をケガいてエッチングパーツを曲げながらハンダ付けする仕様。窓抜きはエッチングによるもの。リベットをエッチングで凸表現したシル・ヘッダーは別貼り方式。妻板と側板は客扉前端で継ぐようになります。

動力装置は独自開発のバヨネット式と呼称するもので、片側台車の中心線上に縦置きしたマシマ製モーターからウォームとスパーで2軸へ伝動するもの。モーターが台車中心上にあるために曲線で車内に当たることがなく、急カーブに強い構造となります。取付法はカメラのレンズに似たターレットとリングを使用したもので、スナップ式に取り外し可能となっています。

組立式のトロリーポール(2本)、ダイキャスト製台車(日光製ブリル27MCB2)、ホワイトメタル製床下機器・運転台機器などが付属しています。

◇仕様
・1:80/16.5mm 16番ゲージ 真鍮製未塗装キット
・組立にはハンダ付け等の作業が必要です

◇別途購入品
・連結器(ケーディなど各自適宜選択)
商品コード : 113763
価格 : 39,960円(税込)
ポイント : 399
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ