トップ > KATO(カトー) > カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット
KATO(カトー) > Nゲージ 車輌 > 国鉄/JR電車 > カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット
KATO(N)JR/国鉄電車セットセール > カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット

カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット
カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット
拡大画像



ゲージ Nゲージ(1:150/9mm)
仕様 塗装済完成品

カトー 10-1183 クモハ54-100+クハ68-400 飯田線 2輌セット

名脇役として飯田線を走る列車のアクセントとなったクモニ83 100番台は、80系湘南電車の元郵便荷物電車クモユニ81の改造で、「湘南顔」と呼ばれる前面が大きな特徴です。そしてクモニ13は、大正末期の木造車を鋼体化改造して生まれた17m級のコンパクトな荷物電車。そして座席車はクモハ54とクハ68。オーソドックスなスタイルながら、どちらも国電初のセミクロスシート車の流れを引く車輌たち。それぞれに各車様々な改造を施された個性豊かな車輌たちがそれぞれに連結されて行き交う様が、飯田線を再現する一番の楽しみです。

・クモハ54は、111系などの近郊形の祖となるセミクロスシート車クモハ51の出力強化形。クモハ60改造の100番台で客扉間5窓のノーリベット車体

・クハ68 400は、トイレ設置のセミクロスシート車。以前製品化の420とは前面窓形態が異なる414を製品化。


◇仕様
 ・セット内容:クハ68-414 + クモハ54-133(M)
 ・ヘッド/テールライト標準装備(消灯スイッチ付)。クモニ83 100番台は、前面上部の運行番号表示も点灯
 ・動力は両台車駆動方式のフライホイール付き動力ユニット(トラクションタイヤ無)を搭載
 ・パンタグラフはいずれも黒塗色で、クモハ54はPS11を搭載
 ・連結器は、先頭・中間部ともボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形(旧国タイプ)を標準装備。手軽に増結が可能