トップ > KATO(カトー) > カトー 1-705 DE10JR貨物更新色
KATO(カトー) > HO 車輌/パーツ > HO車輌 > カトー 1-705 DE10JR貨物更新色

カトー 1-705 DE10JR貨物更新色 カトー 1-705 DE10JR貨物更新色
カトー 1-705 DE10JR貨物更新色 カトー 1-705 DE10JR貨物更新色
拡大画像



発売日 2017年12月(再生産)
ゲージ 1:80/16.5mm
仕様 塗装済完成品

カトー 1-705 DE10JR貨物更新色

DE10は、1966(昭和41)年に登場した国鉄のディーゼル機関車です。入換や支線での旅客・貨物用として700輌あまりが生産され、全国各地で活躍しました。運転席が一方に寄ったセミセンターキャブの凸形車体に、変則的な5軸動輪など、個性にあふれたスタイルで親しまれました。
 JR化後も各鉄道会社に引き継がれましたが、その中でも一番多く活躍を続けているのがJR貨物に所属する仲間たちです。登場後20年以上を経過し、エンジン更新などの延命工事を受けた仲間が、新しく赤をベースとした更新色に塗り替えられて活躍しています。

◇仕様
 ・HO/16番ゲージ塗装済完成品
 ・ヘッドライト点灯
 ・フライホイール搭載動力ユニット採用
 ・実車同様に5軸駆動
 ・DE10の塗装変更の新製品、現在のJR貨物で活躍する、赤を基調とした新しい更新色
 ・車体番号・メーカーズプレートは印刷済
 ・梅田貨物ターミナルで活躍中の岡山機関区所属の1575号機を再現