トップ > 天賞堂 > 天賞堂 52032 EF53形 後期型・ぶどう2号 高崎第二機関区タイプ
天賞堂 > 車輌 > 天賞堂 52032 EF53形 後期型・ぶどう2号 高崎第二機関区タイプ

天賞堂 52032 EF53形 後期型・ぶどう2号 高崎第二機関区タイプ

拡大画像



ゲージ HO/16番ゲージ(1:80/16.5mm)
仕様 塗装済完成品

天賞堂 52032 EF53形 後期型・ぶどう2号 高崎第二機関区タイプ

EF53は鉄道省が1932(昭和7)年から登場した旅客用電気機関車で、丹那トンネル開通後の東海道本線等で活躍しました。戦後は東北本線。高崎線等に活躍の場を移した後、晩年は山陽本線セノハチ(瀬野〜八本松)越えのEF59に改造されて活躍しました。

◇仕様
 ・動力はフライホイール付きのカンモーターを搭載
 ・ヘッドライト・テールライトはLEDにより点灯
 ・デッキの手摺は新素材を採用。(既発売のEF57東北と同じです)
 ・パンタグラフは金属製を搭載
 ・運転席も表現
 ・14・15号機
 ・ヘッドライト大型(LP402)
 ・避雷器LA12丸
 ・ワイパー上側軸