トップ > マイクロエース > マイクロエース H-7-014 ED62-17・JR貨物色・飯田線
マイクロエース > HO車輌 > マイクロエース H-7-014 ED62-17・JR貨物色・飯田線

マイクロエース H-7-014 ED62-17・JR貨物色・飯田線 マイクロエース H-7-014 ED62-17・JR貨物色・飯田線
マイクロエース H-7-014 ED62-17・JR貨物色・飯田線 マイクロエース H-7-014 ED62-17・JR貨物色・飯田線
拡大画像



発売日 2015年10月
ゲージ HO/16番ゲージ(1:80/16.5mm)
仕様 塗装済完成品

マイクロエース H-7-014 ED62-17・JR貨物色・飯田線

国鉄では1950年代中ごろから交流電気機関車の製造で得られたノウハウを活用する形で、従来のF級機関車に匹敵する性能を持ったD級直流機関車を製造しました。1958(昭和33)年にED60とED61が登場しました。ED61は回制ブレーキを装備するタイプで、ED60よりも1.3m車体が延長されたほか、軸重が15tになりました。勾配線区に対応できるために中央線で活躍しましたが、より大型のEF64の登場に伴い、1974(昭和49)年から飯田線向けに中間台車が増設されたED62に順次改造されました。
ED62-17はED61-18を1978(昭和53)年に長野工場で改造して誕生した機関車です。国鉄分割民営化後にはJR貨物に承継され、ED62の中では唯一JR貨物色に塗装変更されて異彩を放ちました。現在は青色の国鉄直流電気機関車標準色に復元の上で大宮工場で保存されています。

◇仕様
 ・塗装済完成品
 ・ヘッドライト、テールライト点灯。ON-OFFスイッチ付(スイッチは屋根モニターに内蔵)
 ・フライホイール付強力モーター搭載
 ・手すりは全て金属線を使用。取り付け済
 ・金属製パンタグラフ搭載
 ・他社製カプラー(KD-5)に交換可能
 ・最小通過可能半径600mm(R600mm)
 ・中間台車付のED62
 ・JRマーク印刷済