トップ > KATO(カトー) > カトー 3013-2 ED76-0番代 JR九州仕様
KATO(カトー) > Nゲージ 車輌 > 機関車 > カトー 3013-2 ED76-0番代 JR九州仕様

カトー 3013-2 ED76-0番代 JR九州仕様

拡大画像



ゲージ Nゲージ
仕様 完成品

カトー 3013-2 ED76-0番代 JR九州仕様

ED76-0番代は昭和40年(1965)に誕生した国鉄の交流電気機関車で、交流機関車の名機ED75をベースに、客車暖房用の蒸気発生装置(通称:SG)を積載するため車体長を延長、SGの水や燃料搭載で増える車体重量増に対応するために無動力の中間台車を設け、D形ながらF形機並の大きな車体が特徴です。

九州向けの専用機として94輌が活躍し、電化延伸に伴い貨物列車、普通旅客列車からブルートレイン牽引まで、九州全土で活躍しました。国鉄民営化後もJR九州に引き継がれた36輌は大分運転所に所属し、ブルートレイン牽引をはじめとする旅客列車牽引のほか、貨物列車の牽引などでも活躍しました。

製品は後期形と呼ばれるPS103下枠交差パンタグラフ装備の55〜94号機がプロトタイプとなります。

◇仕様
 ・ヘッドライト点灯
 ・フライホイール付き動力ユニット搭載
 ・アーノルドカプラー標準装備。交換用にKATOナックルカプラー付属
 ・九州独特のお椀形「さくら(緑地に桜)」「みずほ」のクイックヘッドマークが付属
 ・選択式ナンバープレートは65・75・77・91。 メーカーズプレートは、三菱・東芝が付属
 ・面手すりは別パーツで取り付け済
 ・屋根上の緑碍子、スノープロウ非装備、動輪輪芯は圧延プレートで再現
 ・JR九州仕様の、無線アンテナ付・黒Hゴム、JR九州たる白フチの赤いJRマークが印刷されたボディを的確に再現