トップ > 天賞堂 > 天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム

天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム 天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム 天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム
天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム 天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム 天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム
拡大画像



ゲージ 1:80/16.5mm
仕様 塗装済完成品

天賞堂 56018 キハ17形 一般色シールドビーム

キハ17系列は国鉄非電化路線の無煙化のために1953(昭和28)年〜1957(昭和32)年に製造され、全国各地で活躍しました。

キハ17形は本州以南向けの片運転台車で、10系列気動車の基幹となった形式です。
一部の車輌はシールドビーム前照灯を搭載していました。
■仕様
・プラ製品
・動力はエンジン部にフライホイール付モーターを搭載し、シャフトを伸ばして片側台車を駆動する構造を採用
・貫通幌、車体埋め込み型タイホン、ジャンパー類、スノープラウ等が付属
・形式番号、所属、検査標記はインレタ転写、他の標記は印刷済み